Archive for 'Unhinge'

 

先天性難聴が遺伝子で判明するようになりました。

小さい子供の難聴は、これまで見つけるのがとても困難でした。
それというのも、子供はおとなしく聴力検査を受けてくれないし、「音が聞こえたらスイッチ押して」という指示が理解できるようになるにはある程度の年齢にならないとできなかったからです。 しかし、最近では新生児聴覚検査(スクリーニング)で、生まれて日の浅い赤ちゃんでも、難聴かどうかの判定がある程度できるようになってきました。 そして、さらに研究が進んで、遺伝子レベルで先天性難聴になるのかどうかが判断できるようになってきたとのことです。 こちらは、読売新聞のサイトより。
先天性難聴の原因を遺伝子レベルで特定する診断が注目されている。遺伝子診断で早期に難聴と分かれば、早くから治療を始めたり、どのような合併症が起きるのかなどの予測に役立てたりできるからだ。
先天性難聴 遺伝子で原因特定…早期治療合併症対策も : 最新医療 ~夕刊からだ面より : yomiDr./ヨミドクター(読売新聞)

この研究によると、先天性難聴になるのは父母の両方に遺伝子に変異がある場合、難聴になる可能性が高い、ということのようです。
この難聴についての遺伝子レベルの研究は、海外で多く行われていて、難聴の遺伝子はこれまでに約100種類見つかっており、遺伝子の特徴や合併症の有無などが判明している。
ですが、この遺伝子は、日本人には当てはまらなかったそうなのです。
そこで、2000年頃から日本独自の研究が始まり、今までに約20種類の遺伝子が特定できたとのことです。 この研究が進めば、結婚する男女が遺伝子の検査を受けて、生まれる子供が難聴になる可能性があるのかどうか、妊娠前に判断することも可能になってくるでしょう。
ただし、遺伝子診断は究極の個人情報を扱うので、事前の十分な説明が不可欠だ、とこの記事には書かれています。

View original post on 補聴器の選び方ニュースかわらばんRead the restimage.jsp


Contents

Advertisement

Recent Posts

Calendar

September 2015
M T W T F S S
« Aug    
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
282930  

突発性難聴に音楽療法が効果的の研究結果

未だに原因がよくわかっていない突発性難聴。
様々な治療法が模索されていますが、まだこれといって決定的な治療法は見つかっていません。
一応、ステロイド療法がいちばん効果があるとされていて、突発性難聴にはとりあえずステロイドを投与して様子を見る、というのが主な治療になっていますが、
このステロイド療法による回復率は30~50%程度。あまり高くないのが現状です。 このように、ステロイド療法以上の回復率を期待できる新しい治療法はないかと研究が進められているのですが、ここにきて「音楽を積極的に聞かせる」ことで突発性難聴を改善させる、新しい療法が効果を上げてきています。 こちらの記事から。
標準治療であるステロイド療法は、血糖値や血圧上昇など副作用の問題もある。そこで突発性難聴の新治療として、難聴のある耳に積極的に音楽を聴かせて聴力を回復させるリハビリテーション療法が開発された。
突発性難聴の新治療 積極的に音楽を聴かせ聴力を回復させる│NEWSポストセブン
この音楽を聞かせる治療法は、難聴になった方の耳に一日中音を聞かせることにより脳を活性化させ、難聴を回復させようというもの。
具体的には、正常な耳に耳栓をして、難聴の耳で会話や生活音を聞かせ、さらに1日6時間、片耳ヘッドホンでクラシック音楽を聴かせるのです。
こうすることによって、耳から脳への伝達がひんぱんに行われ、脳の聴力機能が再構築される、というもの。 この治療を、ステロイド療法と併用した場合の治療結果は、86%が完全に回復、14%が少し回復と、ステロイド療法のみの場合に比べてかなり回復率が高くなっています。 まる1日音楽を聞き続けるのはちょっと大変な作業ですが、それで聞こえなくなった耳が回復するのであれば、これはぜひ試してみたいですね。
この治療法だったら家でも出来ますし、試してみる価値があると思います。

View original post on 補聴器の選び方ニュースかわらばんRead the rest

突発性難聴のタイムリミットは2週間

原因不明、いつ誰に起こってもおかしくない病気、それが突発性難聴です。
最初は「あれ?ちょっと耳がキーンとなったよ?」というぐらいの状態なのですが、次第に聴力が奪われて、最後にはほとんど耳が聞こえなくなってしまう。
とても恐ろしい病気なのです。 にも関わらず、最初のうちは生活に不便を感じることは少ないので、病院に行くのを億劫がって、そのままにしておいて、聴力が戻らない、という人がとても多いのです。 そうした「早く病院に行かないと大変なことになる」突発性難聴についての記事があります。
こちらです。
耳の聞こえが悪くなったら「様子を見よう」などと悠長に構えていてはいけない。突発性難聴であれば、対処が遅れれば遅れるほど、聴力回復のチャンスが失われていく。
日刊ゲンダイ|2週間といわれるが…「突発性難聴」治療開始のリミット
この記事によると、最初に病院に訪れた人の多くは、ちょっとした耳が詰まったような感じや耳鳴り、違和感など、ごく軽い症状なのだそう。
このぐらいの違和感であれば、病院に行かない人も多いでしょう。
でも、それは大きな間違いなのだそう。
耳の聞こえの悪さが1日続いたら、すぐに耳鼻咽喉科を受診すべきです
という話です。
たった1日ぐらいで病院に行くのは面倒だしなあーと思われる方、その悠長な態度が難聴への道かもしれませんよ? また、突発性難聴とは区別される低音障害型感音難聴についても触れられています。
こちらの低音障害型感音難聴については、治療で治る確率が非常に高いのだとか。 いずれにせよ、耳の調子がおかしい?と感じたら、躊躇せずに病院に行くことが大切なようですね。
最初にも書いたように、突発性難聴は誰にでも起こりうる病気。あなたもかかる可能性があるのですから。

View original post on 補聴器の選び方ニュースかわらばんRead the rest

音が明瞭に聞こえる難聴者のためのスピーカーセット

日本で補聴器の普及が進まない理由はいくつもあります。
高価なこと。
聞こえが思ったほど改善しないこと。
恥ずかしさ。
周囲の無理解。
などなど・・・
補聴器の値段や聞こえの改善については世界どこでも共通ですが、日本ではまだまだ周囲の人たちが補聴器をつけている人についてちゃんと思いやっていない、というのが日本で特に補聴器の普及が進まない大きな理由でしょう。
海外ではごく当たり前の、公共施設への磁気ループの設置なども日本ではほとんど進んでいません。
まだまだ耳の遠くなったお年寄りなどは、生活の不便さを感じながら我慢を強いられていますし、若くして聴力が悪くなった人は補聴器を着けることの恥ずかしさと葛藤しなければいけない。
本当に日本は障害者に対して厳しすぎますよね、社会が。 そんなひどい社会ですが、中には障害者のために新しいテクノロジーを開発して、便利な機器を製造・販売する会社があります。
ここで紹介するユニバーサル・サウンドデザインという会社も、難聴者のための最新の機器を開発して話題になっています。
難聴者にとって、四方八方から耳に入っている音を聞き分けて会話をすることは大変なことだ。ユニバーサル・サウンドデザインが開発した音を聞きやすくするスピーカーシステム「COMUOON(コミューン)」は健聴者と難聴者とのコミュニケーションを助ける。
【ステップアップ】ユニバーサル・サウンドデザイン 難聴者用スピーカー (1/2ページ) – SankeiBiz(サンケイビズ)
この「コミューン」という機械は、小型のマイクとスピーカーがセットになっています。

特徴はこの小さなスピーカーにあり、マイクで話し声を拾ってスピーカーから出力されると、周囲の騒音をシャットアウトして話し声だけを明瞭に聞き取れるように音を出すことができるのです。 元々は「遠くまで音を飛ばすスピーカー」の開発をしていて、たまたま開発者のお父さんがこのスピーカーを使うとテレビの音量を低くしても聞こえるようになった、という偶然から出来上がったそうです。
そして、実際に難聴の中学生に使ってみたところ、「良く聞こえる」などの感想が寄せられたため、商品化に踏み切ったのだとか。 これまでは難聴の対応は、補聴器の装着等難聴者自身がすべて努力してこなければならなかったのですが、このマイクとスピーカーのセットでは、マイクのセッティングなど、言葉を発する側も気配りをする必要があります。
でも、こうした気配りが、難聴者の社会参加を促すとしたら、とても素晴らしいことなのではないでしょうか。
これからは一般社会でも難聴者のために様々な配慮をしていくことが当たり前の時代になっていかなければいけないと思いますし、そうなっていくことでしょう。
そのためにも、このマイクとスピーカーのセット「コミューン」は大きな役割を果たすのではないでしょうか。 【会社概要】ユニバーサル・サウンドデザイン
 ▽本社=東京都港区海岸1-7-8 東京都立産業貿易センター浜松町館6階

View original post on 補聴器の選び方ニュースかわらばんRead the restimage.jsp

ワイデックスの新リモコンはスマホに簡単接続

ワイデックスから補聴器のリモコンの新製品が発売になりました。
製品名はUNI-DEX(ユニデックス)。 以下プレスリリースです。
ワイデックスの補聴援助機器DEXリモコンに、新たにUNI-DEXが加わります。今回発売されるUNI-DEX最大の特長は、操作が簡単なことです。UNI-DEX本体のプラグをスマートフォンやラジオに挿すだけで自動的に音を補聴器に届けてくれます。難しい操作や補聴器とのマッチングは必要ありません。
スマートフォンからラジオまでらくらく接続。補聴器のワイデックスが、簡単操作の補聴援助機器、UNI-DEX(ユニデックス)を発売します。ワイデックス株式会社
このリモコンを使えば、簡単にスマートフォンに接続してハンズフリーで通話ができるようになりますし、テレビやオーディオ機器の音もクリアに聞こえるようになります。
さらに、そうしたテレビやオーディオ機器の音量の調整もこのリモコンで簡単に操作できるので、まさに万能のリモコンとして使うことが可能です。

いちばんカッコイイのは、最近多くの人が持つようになってきたタブレット型パソコンで音楽を聞いたり動画を見たりする時に、このUNI-DEXリモコンを接続すれば、大迫力の音を思い切り楽しむことができるのです!
そんな素敵なライフスタイル、これまで難聴者には全く無理だと思われていたようなことがテクノロジーの進歩によって可能になってきました。 テレビにラジオに、携帯電話・スマホ、パソコンにタブレット。
最新鋭の機器での音をクリアに聞こえるようにセッティングしてくれるリモコンUNI-DEX。
生活の質(Quality of Life)を高めてくれる魅力的な周辺機器になっているようです。

View original post on 補聴器の選び方ニュースかわらばんRead the rest20140427_449677

補聴器の高額詐欺が増えているそうです

お年寄りをカモにした詐欺というのは、いつの時代もありますよね。
本当に許しがたいことだと思います。
「オレオレ詐欺」なんかはその典型。
お年寄りが心優しいのを悪用して、お金をだまし取る、そんな心ない人が実際にいるのが悲しいです。 そして、最近では「補聴器を高額で売りつける」詐欺が急増しているのだとか。
こちらに記事がありました。
 国民生活センターの発表によると、補聴器の契約をめぐるトラブルの相談が全国の消費生活センターに寄せられ、毎年増加傾向にある。2003年度の237件が、12年度には529件と10年間で倍増している。
高額補聴器の購入トラブル急増 | 東スポWeb – 東京スポーツ新聞社
こうしたトラブルの背景には、補聴器がネットで簡単に買えるようになった、という面もあるようです。
この記事にもあるように、補聴器はメガネ以上に本人とのフィッティングが重要な機械。いくら高性能な補聴器でも、本人の聞こえに合っていなければ、なんの役にも立ちません。
できればお医者さんの診断を正確にしてもらって、その処方箋を持って「認定補聴器専門店」で補聴器を購入するべきでしょう。 とはいえ、ネットで購入することが必ずしも悪、とは言い切れません。
難聴の程度が軽いのであれば、ネットで補聴器を買うのも方法の一つとしてあると思います。 そして、補聴器を無理やり買わせる詐欺、これは本当に許しがたいですね。
補聴器の値段は安ければ数万円、ですが高いものは100万円近くします。
そして、その違いは一見分かりにくいのが現状です。
それを悪用して、粗悪品を高額で売りつける悪徳業者が多数存在するようです。
こうした詐欺にはじゅうぶん注意してくださいね。 こうした補聴器の詐欺も含めて、お年寄りが詐欺に合わないようにするためには、いちばん大事なのは周囲とのコミュニケーション。
お年寄りが周りの人たちと積極的にコミュニケーションを取っていれば、たとえ騙されそうになっても周りの人が止めてくれる可能性が高くなります。
周囲の人はお年寄りを阻害しないように、そしてお年寄りの方は積極的にコミュニケーションを取るようにしましょう!

View original post on 補聴器の選び方ニュースかわらばんRead the rest

路線バスに「磁気ループ」装置を設置する試み

補聴器をつけている人にとっては、「磁気ループ」が設置してあるとうるさい環境の中でも必要な音が明瞭に聞こえるので、とてもありがたいですよね。
でも、実際にはなかなか設置は進んでいなくて、聞かなくてはいけない音が騒音にかき消されてしまう場合がほとんど。 そうした状況の中、高松市の路線バスが画期的な試みをスタートさせました。
聴覚に障害のある人が補聴器などで音声を聞き取りやすくするため、今年度から高松市内の一部の路線バスに「磁気ループ」と呼ばれる装置が設置されることになりました。
補聴器で聞きやすく 「磁気ループ」を NHKニュース
この磁気ループが設置されるのは、高松市を走る「ことでんバス」のうち、「ショッピング・レインボー循環バス」と「まちバス」の合わせて6台に導入されるとのこと。 こうした磁気ループが設置されているバスでは、混雑していてうるさい車内でも、「次は○○です」というような音声案内や、運転手さんの声が明瞭に聞こえるために、乗り間違えや下りるタイミングを逃す・・・というようなことが減少すると期待されています。 こうした試み、まだ全国的にもほとんど行われていず、まだまだ難聴者の社会的立場の低さを物語っていますが、今後こうした動きが活発化されることが待望されますよね。

View original post on 補聴器の選び方ニュースかわらばんRead the rest

オーティコン、iPhoneと補聴器を連動させる新製品発売

日経テクノロジーオンラインより。
発売したのは、ワイヤレス補聴器向けリモコン端末の新製品「Oticon Streamer Pro 1.2 APP」である。同端末は補聴器の利用者が首にかけて使うもの。ワイヤレス補聴器のリモコン操作に加えて、テレビや固定電話などの家庭内機器をBluetoothで補聴器と接続する「中継器」としても機能する。併せて、これらの機能をiPhoneのインターフェースを用いて直感的に操作できるようにしたiPhoneアプリの提供を開始した。
目覚しい進化を遂げる補聴器、スマホとの連携でより使いやすく – デジタルヘルス – 日経テクノロジーオンライン

この新製品「Oticon Streamer Pro 1.2 APP」は、補聴器の音量・音質などのリモコン操作はもちろん、テレビの音を直接Bluetooth経由で聞くこともできますし、固定電話に対してもヘッドセットとしての役割を持たせることができるので、一般に「固定電話の受話器で話そうとするとハウリングが起きてしまう」という難点を解消しています。 また、この「Oticon Streamer Pro 1.2 APP」は、対応のiPhoneアプリがあるので、それをiPhoneなどにインストールすると、iPhone上で全ての操作が出来るようになり、スマートフォンを常に使っている人にとっては管理を一元化できるメリットがあります。 これまでは小さな補聴器は操作するスイッチなどが極小で、お年寄りなどにとっては操作がとても大変だったのですが、最近の技術の進歩により、直感的に簡単操作ができるインターフェイスが開発・発売されてきています。その中でも今回のiPhoneとの連動は、ユーザーにとってはとても有用な「越境技術」となっています。

View original post on 補聴器の選び方ニュースかわらばんRead the restoticon